COLUMN木楽ホームの家づくりコラム

2020-01-20

建築のプロ ”建築家”

これまでお家づくりに大切な ”性能” について

掲載してまいりました。

 

性能も大切だけど・・・

家族がずっと幸せに暮らしていくお家だから、

カッコ良くて、おしゃれなお家

住み心地が良いお家≫ など

お家に対しての理想をカタチにすることも大切ですよね!

そんなひとりひとりの理想をカタチに表現するために

”建築家” という存在は欠かせません。

 

そこで今回は 建築家の先生 について

お話させていただきます。

 

聞いたことのある言葉だけど、

“建築家” って何をする人なの・・・??

 

答えは、一言で言うと

建築のプロフェッショナルです!

主に建築物の設計や監理を行います。

ですが、ただただ設計をしている訳ではありません!!

ではどんな設計をしているのか・・・気になりますよね。

木楽ホームでおすすめしている

建築家と建てる家『R+house(アールプラスハウス)』において

設計を行っている建築家の先生たちは

3つのデザインを大切にお家づくりをしています。

その3つは

①ビジュアル ②生活 ③性能 です。

 

【 ①ビジュアル 】

住むならカッコ良くて、おしゃれで、

自慢できるお家に住みたいですよね!!

ファッションなどにも流行があるように

お家にも≪流行のデザイン≫があります。

ですが、流行に影響されない

”何十年経ってもお気に入りの住まいであって欲しい・・・”

そんな想いから普遍的かつ

おしゃれなデザインを意識し、設計されます。

 

【 ②生活 】

ビジュアルは大切です!!ですが・・・

それだけではいけません。

 

計画の段階では案外気づけないことですが、

実際に新しいお家での生活を始めた時に

初めて使い勝手がわかるんです。

 

使い勝手が悪い=住み心地が良くない と、ならないために

➤現在と、これまでの生活の中での不満

➤どんな生活(暮らし)を望んでいるか

➤朝起きて、夜寝るまでの習慣

などをヒアリングし、

家族のライフスタイルに合わせたデザインを実現させ、

心から暮らしを楽しめる、

住み心地の良いお家を提案してくれます。

 

【 ③性能 】

これまでのコラムにも掲載してきたように

住宅において大切な性能である

断熱性能や気密性能、省エネなどなど・・・

前文にもあるように、

建築家=建築のプロフェッショナル!!!

そのため建築家の先生は住宅性能を熟知しています。

 

ビジュアルと生活スタイルのデザインに加え、

特別な機械装置などを使用せずに

建物の構造や材料などの工夫によって

快適な室内環境をつくりだす

≪パッシブデザイン≫をも設計しているんです。

 

そしてその他にも

実際の建設予定地に足を運び、

近隣の環境や

土地の気候・気象・地形・地質・景観などの

自然条件(気候風土)を、統計や調査結果を考慮。

その上で、ご家族が心から暮らしや人生を

楽しめる設計をしてくださいます。

土地の環境や気候、

家族ごとのライフスタイルや理想、予算に

合わせた設計を手掛ける建築家。

 

”建築家” の素晴らしさは

まだまだありますので

続きは次のコラムでお話させていただきます!

 

By Coordinator 大谷

☆これまでのコラムは【こちら】から☆