DESIGN家づくりのポイント(間取り・設計)

  • HOME
  • 家づくりのポイント(間取り・設計)

DESIGN抑えておきたい家づくりのポイント~間取り・設計編~

「家を建てたいけれど、どんなポイントに注意すればいいのか分からない……」、
そんな悩みや疑問を感じている方も多いかと思います。
それもそのはず、家づくりに精通している方なんてほとんどいません。
そこで、東御市や上田市、佐久市、小諸市を中心に注文住宅を手がける「木楽ホーム」が、
家づくりを進めるうえで知っておきたいポイントをまとめてみました。
こちらでは、「間取りと設計のポイント」をお知らせします。

抑えておきたい3つの間取りポイント

  • 間取りポイント 01

    家族構成に合った間取り

    家族構成に合った間取り

    間取りは、まず家族構成から考えます。例えば今はお子様が小さくても、大きくなれば自分の部屋が必要になってきます。さらに成長すれば、いずれ巣立っていくことになるので、子ども部屋の活用方法に悩まれるかもしれません。間取りは家族構成やライフステージの変化を考慮して、長い目で考えることがポイントです。

  • 間取りポイント 02

    狭い土地でも満足できる間取り

    土地が狭いと間取りが制限されてしまうと考えがちです。でも狭い土地でも、設計次第で満足できる間取りにすることが可能です。「広い土地=満足できる土地」とは、必ずしも限りません。土地が広ければ、その分だけ庭の手入れの手間やコストもかかります。土地が狭いからといって、豊かな暮らしまでも諦めなくて大丈夫です。

  • 間取りポイント 03

    使い勝手の良い家にする間取り

    使い勝手の良い家にする間取り

    間取りを考える際に、外したくないポイントが“使い勝手”。つまり、家事動線がスムーズな間取りが理想的です。

    家事の中で負担になっていることは何でしょうか? この答えは奥様によってさまざまです。ご家族の生活に合った動線は、当社がしっかりとヒアリングさせていただくことで、その答えが見えてきます。

    また収納スペースを有効活用することも大切です。主婦目線とプロの知識を持った当社のコーディネーターによる、“しまいやすくて出しやすい「物の指定席」のコツ”を取り入れつつ、暮らしやすい収納と動線設計を描くことがポイントです。

抑えておきたい3つの設計ポイント

  • 設計ポイント 01

    家族の集まる場所を意識した設計

    家に求めるものは、ご家族によって異なります。でも多くの方が、家族との団らんのひと時を大切にしたいと考えるはずです。

    ご家族が集まるリビング・ダイニング・キッチンを重視すると、暮らしが豊かに広がっていきます。自然と家族が集まり語らうリビング・ダイニング・キッチンをイメージすることで、理想の家を描けるはずです。

  • 設計ポイント 02

    家へのこだわりを叶える設計

    家へのこだわりを叶える設計

    「すでにデザインされている家ではなく、自分のこだわりをカタチにしたい」という方は、設計をアトリエ建築家に依頼するのがオススメです。コストとのバランスを取りながらご家族のこだわりを組み込めるため、満足感の高い家が完成します。

  • 設計ポイント 03

    周囲の環境も考慮した設計

    家を取り巻く住環境も大切なポイントです。「せっかくのお家なのに、外からの視線が気になってカーテンを閉めたままにしてしまう」なんて、悲しい声も少なくはありません。

    暮らし始めてから「こんなはずじゃなかった」と後悔しないよう、周囲の環境も確認しておきましょう。もちろん、一緒に考えてくれる担当者がいてくれたら心強いですね。

スタッフからメッセージ~ゼネラルマネージャー 渋沢 昌義~

スタッフからメッセージ ~チーフプロデューサー 渋沢 昌義~

木楽ホームは、お客様の間取り・設計に対する疑問にしっかりお答えし、理想の家づくりを全力でお手伝いします。家づくりについてのお悩みは、当社までお気軽にご相談ください!